スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    考察 早川亜希という人物

    考察 comments(0) - 笑顔なニート

    早川亜希、
    和歌山県出身、1976年生まれの36歳である。


    私も、彼女を知ったのはPPPを観てからでした。
    おそらく、ほとんどの人がそうでないでしょうか?


    初めて観た印象からは、最初ローカルのアナウンサーだと思いました。


    今でこそ、江頭さんの下ネタにも屈せず、満面の笑顔と、
    手馴れた進行で、番組になくてはならない存在となっていますが、
    最初のほうは、本当に大丈夫なんだろうかと思うくらい
    のかみまくりでした。


    江頭さんから本番中に説教されていることもたびたびでした。


    そんな彼女が、ここまでやってこれたのは、仕事を純粋に
    楽しんでいるからではないでしょうか。


    そして、なにより真面目に、何でも吸収していこうという
    前向きさが窺えます。


    普通江頭さんの話を何度も聞いていたら、
    「また、この人、変なこと言ってるよ」という雰囲気を
    かもし出す(特に女性)もんなのですが、
    早川さんにいたっては、つねにニュートラルな状態で江頭さんに
    接していると感じます。


    何より、江頭さんと二人でレギュラー番組を受けたということに
    真の強さがあるのでしょう。


    番組では、おばさん、もてない、負け組みキャラを押し付けられ、
    過去まで暴露される始末。

    普通の女の子であれば、涙のひとつもこぼす所ですが、
    彼女は笑いにして、というか良いリアクションで答えてくれます。


    そんな早川さんを見ていて、江頭さんも、この子はいじられて
    進化を発揮するタイプであると感じたはずです。


    彼女がやめてしまうとPPPの代わりのアシスタントは存在しませんので、
    長く活躍してほしいものです。

    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧
        コメントする

         

        無料ブログ作成サービス JUGEM